FXを始めるなら売買手数料には注目しておこう


tts82f

FX=外国為替証拠金取引を始めようと思い立って業者を選ぶ際に注目しておきたい項目の一つに売買手数料があります。売買手数料とは、その名の通り外国通貨の売買時に生じる手数料のことです。FXではこの売買手数料の他にスプレッド=買値・売値の差分が大きく影響してくるため、売買手数料をしっかり把握しておかないと損をしてしまうことがあると理解しておく必要があります。

下記に一例を挙げてみましょう。米ドル1単位につき売買手数料が500円かかるFX業者を通して取引をするとします。スプレッドは0.05円です。米ドル3単位3万ドルを取引するとそこに生じる全ての手数料は以下の通りになります。

・1単位500円の売買手数料×3単位=1500円
・3万ドル×スプレッド0.05円=1500円

合計手数料=3000円(売買手数料+スプレッド)

ですから、通過ペアを購入した時と全く同じ値で売却してしまうと、購入時の合計手数料が3000円、売却時の合計手数料も3000円と総額6000円も損をしてしまうわけです。為替が変動しその差益に着眼して利益を得ようとしている場合、この手数料に関してつい忘れがちになってしまいます。

しかし、FX取引にはこの売買手数料について把握することも総合的な利益を得るために必要なことなのです。但し売買手数料が安ければ安いほど良い、というわけでもありません。矛盾しているようにも聞こえますが、FX取引をするにあたり業者を選ぶ際には総合的な目で判断することです。ランキングでバイナリーオプション比較やFX比較をする際は、例えば以下のような項目をチェックしてみて下さい。

・自動売買ツールがあるかどうか
・取引可能な通過ぺアの種類は豊富かどうか
・最大レバレッジの倍率はどれほどか
・スワップ金利はどうか

このような点も踏まえた上で、売買手数料についても考慮し業者を選ぶことが大切です。売買手数料の安さに関しては申し分なくても、他の部分で満足できないのであれば後の取引の自由度が低くなってしまいかねません。

自分がどのような取引をしたいのかという優先項目も踏まえて、例えば取引通過ペアが豊富で手数料が比較的安い業者を選択する、というように多角的に業者を見て選ぶようにしましょう。そしてFX口座を開設する際には、一つの口座だけでなく複数口座を持っていたほうが安心です。

口座の開設には時間を要しますし、システムの不具合などがあると取引不可能な事態に陥ることも否めません。またレバレッジを利用することで大きな額を動かし取引できますが、売買手数料とスプレッドの額も大きくなるということも忘れないようにしておきましょう。取引時の売買手数料は常に頭にいれておくことが、利益を生み出す取引につながるのです。XEマーケットのレバレッジは888倍までとかなり高めです。XEMarketsのまとめとして言えることは、サポートの質良し、レバレッジ高め、入出金システム良し、初心者も利用し易い、などだと思います。