移動平均線を選ぶには


ttsfkk

FX海外は安全かどうかという質問をよく受けますが、私が言えることは、何をするにもまず自分で事前に知識を得ることが一番安全な道だということです。FXやバイナリーオプション取り引きが人気を呼んでいますが、専門用語の意味、利用方法等 (例えばチャート、MT4の取引方法など)しっかり理解した上で取り引きを始めましょう。今回は移動平均線についてお話したいと思います。移動平均線は、FXにおいて技術的な分析をするための基盤になる要素と言えますが、 実際、ざっと内容について知っただけですとどのサイクルで移動平均線を利用するかの基準はすぐには見つけることができないのが普通です。

現実的に、私が技術的分析を理解したのはすぐにではありませんし、皆のやっている、ブログの意見などを手掛かりにして、 移動平均線の利用に踏み切りました。

しかし、この選択が正しかったとは決して言えないのです。 この訳は、内容が単純すぎてトレードのスタイルにおいて全く異なるからです。

トレードスタイルの違いに対して、見分ける基準が決まりますので、私の参照したブログでは移動平均線や一目均衡表、ボリジャーバンド等を取り入れた様々な要素の技術的分析を基準にするトレードスタイルでした為、初めの頃は、実際その点については深く知ることができなかった為「移動平均線での弾みを見たのでエントリー」 「移動平均線を抜ける現象を見たのでエントリー」と、まず知らなければいけないポイントさえわからずに非常にうやむやな判定基準でトレードをすることになり、 結局は負けることになったのです。

FXでの移動平均線の動きを見ることは、とても強みにはなると言えますが、判定のポイントや移動平均線のタイプにより全く意を介さない技術的分析になったりで、非常に複雑で難しいことになるでしょう。 私の失敗から学び、よく考えて選ぶことが重要です。

移動平均線を選ぶには、初めに、自分のトレードのやり方から決めていきます。技術的分析を移動平均線だけを頼りにしてして行く方は事実上多いわけではないと考えられますので、「移動平均線以外の技術的分析手段を使ったエントリーポイント」 でリアクションが出やすい移動平均線を探して行きます。

例を上げますと、CCIがエントリーの判定基準であると決定している場合はCCIにおいて自分がエントリーしようとしているポイントへ印を付けます。その後印が合致している所で運動回数の多い移動平均線を選択することが勝つことへ導く重要なポイントだと言えるでしょう。

もし移動平均線を使う時、単に相場のフローを大まかに理解することに使用するのなら 20MA、45MA、90MAの使用が好ましいでしょう。

20MAで短い期間の運動、45MAが中くらいの期間の運動、90MAが長い期間の運動を見るのに使用できると考えられます。

もしあなたが長いスパンでFXのトレードを続けていく時移動平均線の選択は不可欠です。ご自分のやり方に合う移動平均線の選択がとても重要です。