FXで大きな利益を上げる


FX取引の最大の魅力の一つに、「レバレッジ」を使って小さな資金で大きな利益を上げることが挙げられると思います。

このレバレッジは、取引業者に預ける証拠金を元に、実際に投資で使う金額よりもずっと大きな資金を取引業者から融通してもらい、それを使って大きな量の通貨を取り引きすることができるようにする仕組みになります。

このレバレッジの大きさは、取引業者によってそれぞれ違いがあり、規制のかかっている国内業者では最大で25倍まで、規制のない海外のFX取引業者では、数千倍ものレバレッジを使うことも可能となっています。

例えば1ドル100円という為替相場があり、このドルを1万ドル分買ったとした場合、投資にかかる円は100万円になります。
ところがこれに国内最大倍数の25倍のレバレッジを使用すると、投資にかかる資金はわずかに4万円で済むことになります。

また逆に、100万円に25倍のレバレッジを使用すれば、25万ドルもの通貨を一回の取引きで使えるようになるため、為替レートが1ドル100円から1ドル101円へと、1円の変動をしただけで、25万円もの利益を手に入れることができるようになるのです。

このように、レバレッジはその使い方によって、FX取引の戦略に様々な幅を与えています。
例えば、為替レートが読みにくい相場であれば、始めは小さな金額で取引きを始めておき、相場に好材料が増え始めたのであれば、大きなレバレッジを聞かせて注文を入れることで、より効率的に利益を掴むことができるでしょう。

しかしながら、このレバレッジにも大きなデメリットがあり、使い方を間違うと、投資家に大きな損失を招く可能性があるのです。

このレバレッジは、通貨の取引量を大きくして利益を増やしていく仕組みであるために、万が一、損失方向に為替レートが変動してしまえば、その利益の大きさは、そのまま損失へと降り掛かってくることになります。

例えば、先の例で100万円に25倍のレバレッジを聞かせて取引きをしていたケースでは、1ドルが101円になった時点で25万円の利益が出ましたが、これが、反対の方向に為替が変動し、1ドル99円、また98円と下がっていってしまった場合には、25万円、50万円という額の損失が出て、一気に資金を失うことになります。

こうした事にならないためにも、レバレッジを使う際にはその適切な倍率を調整する必要があり、必要がないのであれば、レバレッジを使用しないという選択をすることも有効でしょう。

また、大きなレバレッジを掛けた場合には、損失も一瞬で大きくなることがあるので、保持している通貨の含み損の値にも注意し、少しでも損失が出そうになるのであれば、自ら小さいうちに損失を取り込む「損切り」を行うことも重要です。